最高位のスケジュール帳はカレンダーである

スケジュールを俯瞰的にみることはとても重要です。
それはスケジュールはゴールから逆算しなければならないからです。
そんな俯瞰的にスケジュールを管理するためには、小さな手帳では力不足なのです。
そこでおすすめはカレンダーでスケジュール管理する方法です。

カレンダーでしたら1か月を俯瞰的にみることが出来ます。
さらに数か月先の予定もかっくに産んできます。
もちろん、細かいスケジュールは手帳で行いますが重要なポイントポイントはカレンダーに記入しておくと俯瞰的にみることが出来ます。

ゴールから今日までの
いったいどれくらいの時間があるのぁ?
それを量としてヴィジュアルに確認できるのが大きなメリットです。

これに対して手帳でスケジュール管理するとどうしても短期的視点でしかとらえられません。
一度に見渡せるのもたったの1週間単位だけです。
これはまるで
「木を見て森を見ず」
にもなりかねません。
直近の予定だけしか見ていないと目先の仕事だけに追われてしまいます。
誰しも直前になって慌ててやっつけ仕事をした経験はあるはずです。

例えば1か月着鬼締め切りがある仕事があった場合、ただ締め切りと気にしているだけでは他の仕事のアポイントがどんどん入ってきてしまいあmす。
結局、直zぇん位なて時間が取れなくなって
「残業や徹夜してもい終わらない」
ということになります。

こんなことにならないためにも、カレンダーに記入して俯瞰的に見えるようにしておけばその仕事にあてられる時間を見つけ出し、予め優先的にスケジュールを押さえておくことが出来るのです。

ただ、そうは言ってもカレンダーでスケジュール管理をするのは弱点があります。
それは大きなカレンダーを持ち歩くことはできないことです。
少々面倒ではありますが、手帳とカレンダーの併用は避けられません。
常に大きなカレンダーが見に泊まるところに掲げて
手帳とカレンダーのスケジュールを同期させていかないといけません。
手帳でスケジュールを管理しつつ、俯瞰的にみるためにカレンダーにも記入し常に見直し確認する習慣を身に付けておきましょう。
高齢者 見守り カメラ ネット環境なし

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です