不感症と悩む女性の95%が全くの正常であるという矛盾

不感症でなやみ女性の多くが
「自分は不感症なんだ」
と思い込んでいるケースが少なくありません。
セックスの経験が少ない女性
男性の心無い言葉で傷ついたこと
乱暴なセックス
などがトラウマになっている女性にも不感症の方がいます。

しかし、その不感症の女性の多くがまったくの正常だといことなんです。

「結婚して20年間 夫とのセックスは痛いだけでした」
「私は今まで いろんな男性とセックスを経験しましたが、一度もイッたことがありあmせん」
そんな女性がある日 突然に不感症のことが嘘のように感じるセックスを経験することがあります。
これが時に危険なことにも発展数rことがあるのです。
一度パンドラの箱を開けてしまうと正常な判断が出来なくなるケースもあります。
いわゆるふりにゃ浮気に走って家庭を壊す方
最近では浮気は夫がするものではなく、妻もする時代になりつつあるからです。
だかrたこそ、夫婦の営みにみなさんもっと考えて欲しいのです。

不感症だと思い込んでいる人の多いくは
「わあt氏のアソコは感度が悪い」
と考えています。
でも感じるのはあそこではなくて脳なんです。
言い換えると性感脳ともいえます。
一般的にはある程度年齢を重ね、恋愛経験や男性経験が豊かであれば性感脳も敏感になります。
しかし、この性感脳が鈍感な女性 いわゆる不感症の方がどうしてこんなに多いのでしょうか?
それはいわゆる「男運」がなかったせいかもしれません。
編実問題として
セックスのテクニックが幼稚園以下
自分さえイケればOK
そんな男性もたくさんいるのです。
また女性と男性の身体のメカニズムは大きく異なり、感じるポイントは異なるいのです。
変な話、男性が一生懸命に女性のアソコを愛撫していても女性のポイントを外していることは珍しくありません。
不感症を治すのは、カップルや夫婦で協力しあって
自分の感じるポイントややり方を探し当てることが大事なのです。
しかし、日本ではセックスのことはながらくタブー視されてきたので、男も女もそれを話し合うことはできないのが大きな問題なのです。
ミナルギンDX どこで買える 売ってる場所

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です