クラミジアは有名な性病の一つです。感染するのが怖いならジスロマックをパートナーと服用して予防を試みるのもいいかもしれません。

更新履歴
    紫と青い錠剤

    ジスロマックは、性病の代表格として有名なクラミジアを治癒させることができる薬です。
    通常、クラミジアを治療する場合長期間薬を飲み続けるという対策を講じますが、あまり継続できないという実情がありました。
    ところが、ジスロマックの場合一度服用するだけで良いですし、効果も7日間継続します。
    そのため、飲み忘れを予防することができるので、画期的な薬剤と言われています。

    薬の効果が続いている間に治癒する確立というのは、90%以上と言われているほど高確率です。
    クラミジアという病気は、とても感染率が高いので、たとえ自分が治癒していたとしても、他者からすぐに移されてしまう可能性が高いです。
    こうした点を踏まえ、性別に関係無くジスロマックを服用して治癒することを心がけるべきです。

    ジスロマックは、一度につき千ミリグラムを服用します。
    ただし、胃腸が弱いという場合は、定められた千ミリグラムを服用した際腹痛や下痢が引き起こされることがあります。
    胃腸などが弱い場合は、何度かに分けて服用すると良いでしょう。

    服用時は、水で飲み込むことが最善です。
    一般的に、薬剤といえば食前もくしは食後というように、飲むタイミングが定められているものですが、ジスロマックにおいては食前や食後などは気にする必要がありません。
    時折、お腹を下してしまうという報告もあるので、心配な場合はできるだけ食後2時間以上時間が経過してから利用するようにしてください。
    そして、使用した後はおよそ2時間程度何も口にしない方が好ましいでしょう。
    このように、一度利用するだけで一週間も効果が継続するため、身体に負担がかからないだけではなく、経済的な負担も小さいという特徴があります。

    記事一覧

    記事はありません

    お探しの記事は見つかりませんでした。

    最近の投稿
      アーカイブ
        人気記事一覧
          サイト内検索